企画展「篤農家 中島以政(いせい)-郷土の農業振興への情熱ー」

開催中~3/8(日)9:00~16:30

かすみがうら市歴史博物館
かすみがうら市坂1029-1
TEL.029-896-0017


戊辰戦争時に使用、被弾痕がある中島家ゆかりの兵藤雷太郎の甲冑など

下志筑村(かすみがうら市下志筑)の名主、中島以政(1843~1908)。戊辰戦争では新政府軍のために尽力し、明治期には、農業に専従。農作物の品種改良や新しい農法の開発や道具の発明、さらには養蚕や製茶なども行い、地域農業の指導的立場となった。
「中島実家文書」や各種資料など約50点の展示で、中島以政の地域振興にかける情熱を感じ、これからの地方創生を考える機会としたい。
月曜休館(2/24開館、2/25休館)。
一般220円、小・中学生110円、未就学児無料。

【記念講演会】
2/2(日)13:30~15:00
「篤農家 中島以政」
講師:千葉 隆司学芸員
会場:かすみがうら市歴史博物館研修施設
(旧・歩崎公園ビジターセンター研修室)
定員100名
入場無料

► ホームページ