映画「カツベン!」周防正行監督インタビュー

「大正時代」を探し、エキストラの力に支えられた映画

常総市でもロケが行われた、12/13(金)から公開の映画「カツベン!」。
いーじーぷれす編集部が周防正行(すお まさゆき)監督に、映画の見どころについて、インタビューしました!


映画「Shall we ダンス?」(1996年)、「それでもボクはやってない」(2007年)など話題作を撮り続ける周防正行監督

大正時代、一流の活動弁士(上映中にスクリーンの横で無声の映画の内容を解説する人)になることを夢見る染谷俊太郎(成田凌)を主人公にしたコメディ映画です。
「大正時代」が撮れる場所を探すのに大変だったこと、学生時代はサイレント映画は「サイレント」で見て、活動弁士をあえて無視してきたので、その反省で今回の映画を企画したことなど、映画愛たっぷりに語っていただきました。
映画「カツベン!」の中の好きなシーンを伺ったら「井上真央さんのキスシーン」とのこと。「引き受けてくれないんじゃないか」とまで思った今回の役。私も試写を見てびっくりしました。井上真央さんの女優魂を見た!と感じました。
また、成田凌さんと高良健吾さんの活動弁士ぶりがホンモノを感じさせるすごさで、それぞれ、別々の活動弁士さんにみっちり指導を受けたとのことでした。
それから、監督は、エキストラの方々の力が大きかったとも語っていらっしゃいました。イケメン活動弁士の高良健吾さんの語りに観客の女性たちが全員よろめいて倒れるシーンがあるのですが、観客は、ほぼ全員エキストラの方々だそうです。役になりきったエキストラの方々のおかげで素晴らしいシーンができました!
竹中直人さん、渡辺えりさん、小日向文世さんが彩りを添え、映画鑑賞のあとは、カツベンによるサイレント映画が見たくなること間違いなしの映画です!

インタビュー・納豆ごはん
9/25(水)「ホテル テラス・ザ・ガーデン水戸」にて

映画「カツベン!」
► ホームページ