逆転 …2015.01

読者の投稿に毒ゆるいツッコミを入れるこのコーナー。今回のお題は「逆転」です。逆転と言えば「異議あり!」ですが、俺にとっては、呼べば呼べば現れて、時を時を飛んで来るわけですよ。どうして!?と言われても、それは謎めいて、それは愛ゆえになんですね。これからは正義の花道なので、パッパッパパパパパパパパパッといってみよ!


2015.1月号掲載 イージーブレイク

●逆転…逆転したこともされたこともないので難しい。【こまき】
●人生の中で、ネタになるほどの逆転したことも、逆転されたこともありません…。【49歳男性】
●逆転したことないかも。【ゆりもも】
●常に負け犬。【あんあん】
●逆転したいなぁ、俺の人生。【ポペプ】
●最近不運なことばかり。でもピンチな時はチャンスだ!と発想の逆転で物事をとらえるようにしています。【厚焼き】

★俺のパターンとして、最初にネガティブよりな意見に賛同してスタートってのが多い気がするが、今回はいつになくそれが多く寄せられた印象。逆転は、望んでもなかなか難しいのかもしれないな。まあ、仲間がいっぱいいるということで、お互い傷を舐めあっていこうぜ。

●深酒でTXに乗るのは注意。居眠りの結果、いつの間にか逆転して出発駅に戻っています。【思議】
★俺も以前小田急沿線に住んでいたので、新宿方面に向かって帰る時、登戸辺りでヤバい寝過ごしたと思って慌てて降りて反対のホームに回って電車に乗ると、なぜか増々遠ざかって成城学園前に到着とか何度かやったな。あの時の、あれ、なぜ逆進?からの、もしかして新宿で折り返してもまだ寝てた?と気付くまでのプロセスは、友達の肩を後ろから叩いて、振り向いたら別人だった時と同じ感覚だよな。

●子供の頃(約30年前)後楽園球場で見た中畑清選手の逆転3ランホームラン!!最高でした。現在は監督ですが来年こそ胴上げが見たいです(他球団のファンですけどぉ)【忙し主婦】
★俺はそのころの巨人だったら篠塚派でした。エースピッチャーとか4番バッターとかよりも、燻し銀な働きをする人が子供の時分から好きでね。ほっといても目立つスター選手は、むしろ多少怪我でもしてもらった方がベンチメンバーにも光が当たっていいのにな位に思ってた。ちなみに今の巨人で好きなのはアニとハンジです。

●母73歳は熱心な巨人ファンだが、テレビで試合を見ていて、巨人が負けてくると心配になりチャンネルを変えてしまう為、逆転サヨナラホームランは全て見逃す。【目玉焼きは2個】
★お題に対してストレートではなく、変化球ながらもちゃんとストライク決めて来る辺り、さすが常連と言わざるを得ない。ところで、言わざるを得ないって言葉がなんかかっこよさげだったので、言わざるを得なかった。

●私の甥っ子は幼稚園ですが、世界の国旗と国名を全て暗記しています。国旗を見せれば、全て答えられ、国名を言えば国旗が書けます、小さい子供の暗記力はすごいと思いました。私では今さら覚えられません。【プー子】
★それは、小さい子供だから凄いんじゃなくて、単純に甥っ子さんが凄いんだべ。過去でも未来でも何年何月何日が何曜日かを瞬時に当てられる子みたいな天才と同類なんじゃ?まあ、俺様もモビルスーツの名前と形とかほとんど暗記しているけどね。

●うちの3歳になる次男は、靴をいつも逆転して履いています。直すと頑なに拒みます。【ゆうちゃんママ】
★3歳にしてハードボイルドだな、おい。なんか、そこはかとなく男の美学の様なポリシーを感じるぞ。ビジュアルは3歳児だけど、吹き替えの声優は小林清志とか大塚明夫辺りでお願いします。そういや、昔そんなCMがあったな。画面は男女の赤ちゃんが横になっているシーンなんだけど、声がポルコロッソとメーテルで、エアコンの温度設定でもめてんの。あれは面白かった。

●サンタクロースはいないよ、ママだよ!!と小4の子供に真実を最近伝えました。「えーーー!!」と涙。まさか言わなきゃ良かった。【スティッチ】
★あれは、子供側からうっすらと気付いてしまって、他人に対して気を使うということを勉強するための儀式みたいなものなのに、大人の方からバラしたらアカンがな。

●再婚し持家に住むことが出来、子供達は、進学した後卒業し、立派に、講師をしてること。考えられなかった。10年前は。【デカママ】
★ああ、なぜか胸が痛い…。

●職場の先輩(37歳)がハイレグの話をした時に、後輩(19歳)はハイレグを知らなかったので、同じく後輩(30歳)が「Tバックの前バーションだよ」と教えていたこと。(細すぎだろ〜)【マック】
★若い子はハイレグ知らんのか…。では、逆に、そういう形状の水着を今の子らはなんて呼んでるんだ?ところで、これはどこが逆転エピソードなのかしらと思ったが、なるほどTバックを前にしちゃったところか!

●高校野球を想い出す。9回2死からのサヨナラ逆転優勝!で負けた時の悔しさといったら…。自分のチームでもないのに悔しさが残る。【よしよし】
★ああ、わかるわー、あれは悔しいよな。俺も何度となく後悔したもんだよ、なぜあそこでピノを出さなかったのかとか、ピピが投げていればとかね。ところで、口コミに書いてくれたテレビにも出た面白い納豆のゆるキャラって「ねばーる君」だよな。俺は納豆が嫌いなので、納豆の妖精であるヤツも本来敵なのだが、あの嬉しいときの姿を見せられたら納得せざるを得ない。

●ゆるキャラ・ねばーる君の2015年人気予想がふなっしーを抜かし逆転1位でした。【バス】
★あの設定、あの容姿、あの喋り方。もう清々しいほどにふなっしーのパク…リスペクトなのだが、そんな些末なことはもうどーでもよくなってくるほど衝撃的なあのギミックを見た時から、これは来るかもと思っていたが、やはりじわじわ浸透してきている様だな。もし全国区になってプライズゲーム機の景品とかになったら、ぜったいあのギミックは再現してほしいよな。

●昔スキーで気持ちよくスピードを出して滑っていたところ、山盛りになった雪に気付かずそのままジャンプ!視界が逆転し、背中を打ちつけられさんざんでした。【クルトン】
★そのままフロントフリップからのコザックとかキメてほしかったが、着地失敗では減点だな。えー、まあ、知ってる単語並べて知った風に書いてますが、おそらくにわかだというのはすぐにバレるのでしょうな。

●子供の、地面を蹴らず進むボード板でひっくり返って、病院でレントゲン撮影しました。骨は大丈夫だったけど、3週間はお尻が痛くて動くの辛かった。大人になってから尾てい骨は打つべきじゃありません(涙)【ゾウさん55】
★へー、今の子供はこんなん乗ってるのか。4輪のスケボーだってまともに乗れんかったのに、2輪って…。でも、地面蹴らずとも進むってのは面白そうだな。でも、もし挑戦したなら、確実にホーロドニー・スメルチを喰らったバベルがごとく天高くすっ飛んで行って、地面にザシャアアアって顔面から落ちるに決まっているので、君子危うきに近寄らずだな。

●息子が小学生の時にソフトボールの試合でホームランを打って逆転して勝ちました。母としてとてもうれしかったです。【ハハ】
●今年の甲子園、藤代高校の逆転。とても残念な夏でした。【せな】
●1989年の日本シリーズ(巨人vs近鉄)3連勝した近鉄の加藤投手が、ヒーローインタビューで暴言をはいてからの巨人の怒涛の4連勝→逆転優勝。優勝といえば、まずこれを連想しますね。25年も経つのに、いまだに鮮明に覚えています。【ちびニャンコ】

★なんかスポーツ関係のメッセージはほとんど野球系でした。考えてみれば、攻守が順番に入れ替わる競技だから、他のスポーツに比べて逆転も起こり易いし、印象に残るんだな。バスケットボールとか逆転なんて当たり前だし。

●卓球の試合で、チームメイトが0-10から逆転。12-10で勝利しました!【床暖房】
★卓球やバレーボールなんかも逆転なんて当たり前の競技じゃんって思ったが、そうか、セット単位でみれば劇的な逆転劇もおこるんだな。

●私は中学1年の時にすごく成績が悪くて、控えめで目立たない学生でした。でも、2年の時にやる気スイッチが入って、勉強が大好きになり、卒業するころには、学年で10位以内に入るまでになりました。自分にも自信が持てたし、周りの人たちからも一目置かれるようになりました。【さくらこ】
★俺の勉強やる気スイッチはついぞ入らないままアラフォーになってしまったが、どうしてスイッチがオンしたのかも書いてほしかったザマス。

●中学の頃は、あまり頭がよい方ではなかった友達、大人になってみたら、歯科医になっていた。【40歳女性】
★前述のさくらこさん、今は歯科医だったのか。

●担任から「絶対受からない」と太鼓判を押された第一希望の大学に合格したこと!【りんごちゃん】
★間違っちゃいないと思うが、太鼓判ってダメな方にも使っちゃうのか。

●忘年会シーズンに突入する前に今年こそは痩せるぞーって痩せますが、いつも年明けには元に戻るか元以上に太る…。【しっぽ】
★忘年会シーズン前に決意して痩せられるのなら、正月後にも痩せられるのではないかえ?

●自分の食の好みです。以前は魚が大好きだったのに今年からなぜか肉が大好きになりました。あと以前は洋菓子が大好きだったのに今年から和菓子が大好きです。【かな】
★突然、そんな好きでもなかった食材や料理が食べられる様になることは、ままある気がするけど、逆転することはそう無くないか?なんとも思ってなかった子が突然かわいく見えることはあっても、姐御キャラ好きが突然ツインテール妹風キャラに目覚めるようなもんだで。

●9歳の甥っ子に、英語を教えてあげようと思い、英語で話しかけたら、自分よりも英語力が上で、逆に英語で話しかけられて分からなかった。【うめぼし】
★おう、想像しただけでプチ居たたまれないエピソードじゃわい。俺が、ようやく取ったカシナートの剣を見せてやろうと思ってファミカセを持って友達の家へ遊びに行ったら、友達は既にムラマサを2本持っていたみたいな状態じゃな。

●旦那の話で、昔の部下だったものが上司になってしまった。(最近)【ミドミド】
★山彦の笛と交換してもらえる船の財宝のありかとかを教えてあげていた友達が、いつの間にか俺より進んでて、もうハーゴンの神殿だった時のショックと同じ感じか。

●私がダイエットをはじめたのは3年前。それまでずっと太っていて年々歳をとるたびに肉の付き方が変わり、夫がそばに寄らなくなってきていました。そして、突然ダイエットの神様が舞い降りてきたんです。そのダイエット方法は、ウォーキングや筋トレ、食事制限の3パターン。食事制限のやり方は、1人前の料理を残し、もったいないので夫に食べてもらうというやり方でした。その結果、半年で私は18kg減量に成功。夫は10kg増量に。もう夫にはバカにされずに大・大・大逆転でした(笑)【みのごん】
★頂いたFAXの端が切れてて、切れた文字を想像で補完したのでニュアンスが変わっているかもだけど、これはおそらく、今まで自分が食べていた2人前を1人前に減らして、余った1人前を旦那に追加で食べさせ、自分は減量、旦那は増量ってことだよな。なぜ作る量を減らさないのかという疑問はひとまず置いておくとして、自分が痩せることに加えて比較される旦那の方を肥えさせるという斬新な作戦だな。

●体重です。いつの間にか、主人より重く…。【もずく】
★みのごんさん作戦しかあるまい。

●すごく格好良かった先輩の彼氏。イケメンしか興味のない私は一目惚れ。まあ、いろいろあって…今、彼は私のそばで3人のパパです。(てか、もう62歳ですが…)【チクリン】
★略奪愛ってやつか。イケメンしか興味がないって言いきっちゃうのが凄いな。しかし、たまにブサメンがいいって人もいるじゃない? 体格にしてもマッチョとか細マッチョ好きは当然多いだろうけど、たまにデブがいいって人もいるじゃない?なのになぜ、フツメン好きや普通の体格好きを公言する女性は現れないのか!中の下か下の上位がターゲットのフツメン好きで中肉中背好きの人は今すぐ名乗りをあげていただきたい。

●仲良くしていた8歳上の元同僚に彼氏ができ、毎日ウキウキしていたので早く結婚してくれればいいな〜と思っていたところ、私に彼氏ができ、先に結婚してしまいました。先に片付いちゃってごめんなさ〜い。【りくぽんた】
★ガフッ(出血)。こんなテーマでもやはりノロケは来るのだな…。

●学生の頃ですが…好きだった人がいましたが全くあたしに興味なしで、むしろ友達のことが好きだったみたいな彼。友達もすごくその人のことが好きで、よく遊びに行ってたみたいだけど、あたしが相談役だったんですけど…。いつしか彼に、告白されて、心の中で、勝った??と叫んでしまいました。絶対無理だと思っていたので逆転ですね!【えりち】
★グフッ(吐血)。あまりにも縁遠い世界の話で、読んでいるだけでダメージだぜ。

●結婚するまで兵庫県と茨城県で遠距離をしていました。2年間は地元の兵庫県ですぐ会える距離でしたが、そのあとの2年間は遠距離でした。いつもクールな彼に甘える私でしたが、月一回のデートのお別れの時は一転。彼が号泣し、毎回新幹線を3本ほど見送り、彼が近づきすぎるため駅員さんには笛を吹かれる始末。お別れの時だけいつも逆転でした(笑)今ではとてもいい思い出です。【やちゅ】
★ゴフッ(喀血)。く、苦しい。側にいるだけで肺をやられる…。


血を吐き過ぎたので、今宵はここまで。これを書いているのはクリスマスまでもう少しという、只でさえ何もしていなくてもダメージを受ける毒の沼地状態なのに、こんなメッセージを立て続けに見せられて俺はもうダメだ…ガクッ。返事が無いただの屍の様だ。